すっぽんのサプリ選びガイド

メインイメージ

癌とすっぽんの関係

すっぽんの研究が続いている中で、注目されているのがガンへの影響力です。
がんは今日本人の死亡原因の第一位といわれています。
がんは、初期症状がほとんどないということが特徴です。

体の異変に気づいて病院に行った時には、ある程度進行してしまっている人が多いです。
進行がかなり進んでしまっていると、突然余命を告げられてしまう可能性もあります。
そんな恐ろしいガンは今4人にひとりは発症するという、とても身近な病気となっています。

ガンが重症化しないために重要なことは、まず初期の段階で発見して治療することです。
ほとんどのがんの場合ステージⅠで発見された場合は、5年生存率がとても高いです。
そしてもう一つ大事なことは、ガンの進行をさえるということです。

ガン細胞の進行はとても速く、健康な体であれば免疫細胞が活発に働くことでガン細胞の促進を食い止めることができます。
しかしガンになってしまうと、免疫力が低下してしまいガンの促進が早くなってしまいます。
それを食い止めるためにも、免疫力をためることがとても大事になります。

すっぽんが癌に効果がある要因の一つに、セレンというミネラル成分を豊富に含んでいることが関係しています。
セレンはガン細胞を生み出してしまう活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
なのでガンの予防にとても適しています。

さらにガンに対抗する免疫力を高める働きもあるので、ガンを発症してしまった場合でも効果が期待できます。
ガン患者の多くは精神的な不安、ストレスや自律神経失調症を生み出してしまいます。
そんな症状の緩和にもすっぽんの栄養素は、効果が得られます。

特にがんの中でも白血病患者のリンパ細胞や胃がんの細胞の成長を抑制する働きがあることが実験で分かっています。
特にすっぽんの中でも甲羅の部分免疫を高める栄養素が含まれているので、意識して摂取しましょう。
そのほかにも実際マウスの実験でもガンとの関係性が分かっています。

ガンを発症しているマウスにすっぽんを粉末にしたものを投与し続けた結果、ガン細胞が縮小されたという実験結果があります。
今後もがんとの関係性の研究が進み、どのようなガンにより効果的なのかなどが明確になるのではないでしょうか。
ガンはいつ誰が発症してもおかしくない病気です。
そして誰もがガン細胞は体内に潜んでいます。
生活習慣の改善とともにすっぽんを摂取することで、ガンの予防にもつながります。