すっぽんのサプリ選びガイド

メインイメージ

すっぽんを使った漢方薬はある?

すっぽんは昔から高級食材として知られています。
日本では縄文時代から貴重な食材として扱われ、食べられてきました。
一般市民に広まったのは、江戸時代になってからのことです。

日本ではすっぽんというと滋養強壮に効果のある食材で、鍋などに入れて食べるというイメージです。
しかし、甲羅や爪や一部の内臓以外はほとんど栄養素としてあますことなく食べることができるため
中国では薬膳として扱われてていたり、漢方薬の一種としても活用されてきました。

実際に中国ではすっぽんの漢方薬だけを扱う専門の業者もいるほど、漢方薬として認められていたということが分かります。
当時の中国はすっぽんの管理を国が行っていました。
貴重な栄養素なため、どんどん食用になるのを防ぐ必要がありました。

なのでメスは繁殖のために食べてはいけないという、決まりごとがあったほどです。
そんな中国ではすっぽんは薬膳としても簡保としてもとても需要が高かったといえます。
すっぽんの漢方の効果は、食材として摂取したときと変わらず豊富な栄養素を得ることができます。

滋養強壮・疲労回復・美容効果・貧血予防・血圧安定効果・血液の浄化作用などの効果があげられます。
また漢方薬の場合はそのほかの食材と混ぜ合わせることで、より相乗効果を得られるという特徴があります。
相性がいい食材としては高麗人参やクロレラ、ビタミンCなどがあります。
これらを一緒に摂取することで、より効果を早く実感することができます。

そしてすっぽんの栄養素を毎日摂取しようと思った場合、毎日の食事の食材としては高価過ぎて取り入れることができません。
なので漢方であれば、無理なく毎日少量づつでもすっぽんの有効成分をとることができます。

生活習慣などの見直しや、体力をつけたい人、貧血など常日頃から体質の悩みを抱えている人には、漢方がお勧めです。
そして漢方に関しては、小さな子供からお年寄りまで年齢関係なく安心して飲むことができます。
また病気の人でも健康な人でも飲むことができるので、家族で共有しながらすっぽんの効果を得ることができます。