すっぽんのサプリ選びガイド

メインイメージ

養殖のすっぽんと天然のすっぽんの違い

今食生活がとても豊かな時代になりつつあります。
なので豊富な栄養素を含んだ食材を、食べることができます。
そんな豊富な栄養素が含んでいる食材の一つとして、昔から注目されているのがすっぽんです。

すっぽんはとても高級食材として知られていて、貴重価値が高いものです。
最近では養殖が可能になったことで、すっぽんの流通量も増えてきました。
そして今では天然の方が市場に出回ることが少なくなってきています。
なので養殖を食べることの方が増えてきているのが現状です。

そこで養殖と天然のすっぽんの違いは、どのような部分があるのでしょうか?
実際にこの2つを食べ比べてみると、さほど違いはないのではと感じる人が多いようです。

よく養殖が可能な動物に関しては、えさをたくさん与えて脂肪をたくさん蓄えさせる場合が多いです。
すっぽんの場合は、体質的にもとから脂肪分をあまりため込まないという特徴があります。
なので大きさに関しては違いがあまり出ません。
そのためあまり味にも違いが出にくいのではといわれています。

天然ものと養殖物の一番の違いは、すっぽんの年齢です。
天然ものに関しては、約5年近く成長したものを市場に出すことができます。

それに比べて養殖のものは、早ければ一年ぐらいで市場に出すこともできます。
長くても3年程度で市場に出荷することができます。
それだけ養殖の方が成長が早いということが分かります。

養殖の場合は常に生活環境にも恵まれえさも豊富にある為、生きていくのに困らない状態だといえます。
それに比べて天然のすっぽんの場合は、えさを探すために歩き回るため、筋力があり引き締まった体の場合が多いです。
身のしまりがいいため、味の違いはあまりなくても食感に関しては違いを感じることができる可能性は高いでしょう。

そのほかにも天然ものの方が獲物を捕まえるために、鋭い爪をもっている場合が多いです。
また甲羅や体の色なども、天然ものの方が色眼が濃い場合が多いです。
年齢を積み重ねていることや、生息している環境の違いがこのようなところにも影響が出てきます。

甲羅や爪などはすっぽんの中で食べられない部分になります。
なので見ることはできませんが、スッポン専門店では活きて泳いでいるすっぽんを見ることができます。
その際に特徴や違いを知ってくと、天然か養殖か見極められる一つの要因ともいえます。